【肌のpHバランスを整える10の方法】その② **ぬるま湯での洗顔**

熱いお湯は肌の天然の油分を奪いがちで、pHバランスを崩す可能性があります。ぬるま湯を使用して洗顔すると、肌にやさしくpHを保ちやすくなります。


以下は肌のpHと肌の常在菌との関係についての情報です。


肌のpHは、酸性またはアルカリ性の尺度を使用して測定され、通常は弱酸性です。肌のpHは約4.7から5.75の範囲にあり、これは肌の保護機能を維持し、バリア機能を強化するのに役立っています。(デリケートゾーンなどは外からの悪玉菌の侵入を阻止するために強い酸性になっています。)弱酸性のpHは、悪玉菌の繁殖を防ぎ、善玉菌の成長を促進する役割があります。


肌の表面には、様々な種類の細菌が存在し、これらは「常在菌」と呼ばれます。これらの常在菌は、健康な肌の維持に重要な役割を果たしています。肌のpHのバランスが保たれていると、これらの常在菌が適切に機能しやすくなります。弱酸性の環境は、有害な細菌や真菌の成長を防ぎ、同時に有益な菌の繁殖を助けます。


しかし、外部の要因や誤ったスキンケア製品の使用などによって、肌のpHが乱れることがあります。これにより、常在菌のバランスが崩れ、肌トラブルが引き起こされる可能性があります。適切なスキンケアとpHに配慮することで、肌の健康を維持し、常在菌のバランスをサポートすることができます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 "肌は心の鏡。内なる喜びが外見を美しくする。" - デイヴィッド・ウォルシュ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日があなたとあなたの肌にとって素晴らしい一日でありますように。

Regresar al blog

Deja un comentario

Ten en cuenta que los comentarios deben aprobarse antes de que se publiquen.

Cuidado de la piel para la flora cutánea.